FC2ブログ

2010-02

(農業)土作りの考え方

事務局です。

今回はチョット固いお話を…

私も兼業農家ながら農家の端くれですので、
農業に関する話題を一つ。

農業の基本は土作りとよく言いますが、
忘れてしまいがちなのも土作りです

農産物の価格が安く、経営を圧迫してくると、
まず最初に土壌改良材が削られてしまいます。

窒素・リン酸・加里(化成肥料)は最低限必要だから…、
と言うのが理由だと思います。

しかし、三要素に偏ってしまうと、
病気や虫が付きやすくなり、
返って防除の回数が増えてしまい、コスト高になる事もあります。 
やはり、人間の食事と同じで、バランスの良い肥培管理が大切なんですねー

ちなみに、私の考える
土作りの考え方

1.ミネラルの補給
   作物がミネラルを吸収するので、高ミネラル資材や
  堆肥類を施用してミネラルを補う。

2.リン酸の有効化と補給
  土壌pHを中性付近に保ち、土中の腐植酸や有益菌
  を増やすことでリン酸が有効化する。黒ボク土ではリ
  ン酸が不溶化し易いのでリン酸を多めに施す。

3.土壌pHの調整
  酸性土壌の場合は石灰資材を施用、アルカリ土壌の
  場合は硫黄華系資材を施用してpH調整をする。
   重粘土や黒ボク土は資材を多めに施用する。

4.透水性・通気性改良
  堆肥類や石灰系資材を施用すると土壌が団粒化し、
  透水性・通気性が高まる。重粘土では炭・バーミキュ
  ライト・パーライト・粗大有機物などを施用する。

5.保水性改良
  保水性の高い堆肥類やバーミキュライトなどを施用
  する。団粒化された土は保水性も良い。

6.有益微生物の活性化
  餌となる有機物を施用し、微生物の住処となる土壌
  のpHを弱酸性に保つ(土壌pHの調整)。有益菌が不
  足している土壌は微生物資材を投入する。

つまり、
完熟堆肥+石灰+リン酸+微量要素+(場合によっては有益菌)を
使って土作りをすると言う事になりますかねー。
本当は、しっかりとした土壌分析をした方が良いんですが、
pH(土壌酸度)とEC(塩類濃度)を調査するだけでも良いでしょう。

専業農家さんにとっては当たり前の話しで、
恐らく、兼業農家さんにとってはよく分からない?
と言ったところではないでしょうか。

どうぞ、お気軽にお問い合せ下さい。
分かる範囲でお答えします




スポンサーサイト



テーマ:農業 - ジャンル:就職・お仕事

«  | ホーム |  »

☆当ブログ内検索フォーム

☆Twitterでつぶやこう

☆最新記事

☆カテゴリ

きときとファーム情報 (35)
小矢部食材活用店をご紹介 (3)
体験教室などのご案内 (4)
特産品の紹介 (169)
小矢部市の見所 (21)
日記 (195)
イベント(ご案内) (55)
イベント(ご報告) (101)
小矢部食を使った料理店 (12)
プチ体験メニュー (15)
道の駅メルヘンおやべ情報 (17)
会員の紹介 (55)
直売所の紹介 (66)
農業関係 (52)
旅行 (4)
映画 (4)
農業情勢 (4)
家庭菜園 (17)
作物の花 (1)
◎【プレゼント企画】 (1)
農業 (3)
グリーンツーリズム (8)
きときと野菜を使った簡単料理をご紹介 (1)

☆カレンダー

01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

☆ リンク集


特産協のホームページへ

このブログをリンクに追加する

☆最新トラックバック

☆ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

☆アクセスランキング 他社

アクセスランキングです。
お好きなところを
クリックお願いです m(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 富山情報へ

にほんブログ村 通販ブログへ

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

☆アクセスランキング FC2

[ジャンルランキング]
グルメ
2198位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
お取り寄せ
36位
アクセスランキングを見る>>

☆最新コメント

☆FC2カウンター

訪問者数 m(_ _)m

☆RSSリンクの表示

☆プロフィール

きときとファーム

Author:きときとファーム
兼業農家でコメ栽培と家庭菜園を営んでいます。
映画鑑賞・旅行が好きです。

☆FC2-SEO対策

☆NEWSZERO

☆3分クッキング

今日の料理の参考に!!

☆ブログゲーム

遊んでみよう!!

☆月別アーカイブ